高次脳機能障害

頭蓋骨骨折

頭蓋骨骨折は、骨折の状態や部位によって単純骨折と複雑骨折、円蓋部骨折と頭蓋底骨折、陥没骨折と線状骨折などに分けられます。

 

頭蓋骨の骨折自体だけでなく、脳挫傷やびまん性脳軸索損傷など、脳損傷の合併が問題となります。特に陥没骨折の場合は脳損傷の合併が、頭蓋底骨折の場合は頭蓋内感染の合併が問題となります。

 

また、開放骨折は危険で、緊急手術が必要です。

 

頭蓋底骨折(頭蓋骨の底にあたる部分)の骨折の場合、神経損傷や鼻、耳などの障害を合併することもあり、注意が必要です。

 

メールで相談

電話で無料相談

 

頭蓋骨骨折の分類

頭蓋骨の骨折は、骨折部位により円蓋部骨折と頭蓋底骨折に分けられます。更に円蓋部骨折は、骨折の状態により線状骨折や陥没骨折などに分けられます。

・円蓋部の線状骨折

円蓋部は文字通り、頭蓋骨の蓋のような部分です。頭蓋骨が衝撃を受け、線状に割れた状態を線状骨折といいます。

線状骨折の場合、意識障害がなければあまり心配は要りません。脳損傷やびまん性脳軸索損傷、硬膜外血腫などがある場合は注意が必要です。

・円蓋部の陥没骨折

円蓋部が陥没した状態です。子供は頭蓋骨が柔らかいため、衝撃が加わった場合に線状骨折よりも陥没骨折になることが多いようです。

陥没骨折自体はあまり心配は要りませんが、脳の圧迫、脳挫傷、血腫などがある場合は外傷性てんかんを引き起こす原因ともなり得るため、手術が必要となります。

・頭蓋底骨折

頭蓋骨の底の部分の骨折です。頭蓋底はぼこぼことして穴があいており、その穴の中を神経が通っています。そのため、頭蓋底骨折の場合は神経損傷の危険があります。

 

メールで相談

電話で無料相談

頭部外傷 に戻る

無料相談フォーム

ご相談は、下記のフォームにご記入の上、送信してください。交通事故についての無料相談をお待ちしています。

 社会保険労務士・行政書士宮本麻由美

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

おなまえ(必須)

性別   男性   女性 

労災関係   業務中   通勤途中   私用中

年齢(必須) 
10代  20代前半  20代後半  30代前半  30代後半  40代  50代  60代以上

住所(必須)
(郵便番号)

マンション名・部屋番号等

電話番号(任意)
(半角数字)

メールアドレス(必須) 携帯メールでもOKです。
(半角英数字) 
メールアドレスを確認のためもう一度(必須)
(半角英数字)

件名

事故内容等(交通事故年月日を必ず入れて下さい。)

ご希望の回答方法   メール  電話

   

 

▲ページトップに戻る