高次脳機能障害

頭部外傷の種類

頭部外傷は、頭蓋骨損傷、局所性脳損傷、びまん性脳損傷があります。脳自体を損傷するのは局所性脳損傷とびまん性脳損傷です。

 

局所性脳損傷は、交通事故などで脳の一部にまっすぐな外力が加わることで生じることがあります。損傷により急性硬膜外血腫という血腫が生じると、大脳の下にある脳幹部が圧迫され、脳ヘルニアの危険があります。

 

びまん性脳損傷は、交通事故などで脳に回転するような外力が加わることで生じることがあります。脳の表面というより、もっと深い部分が損傷を受けます。

 

そのため、CT等で検査をしても異常を見つけにくいことがあります。異常が見つからないが症状がある、というような場合はびまん性脳損傷である可能性があります。

 

メールで相談

電話で無料相談

 

頭部外傷

頭に直接的、または間接的に外力が加わって生じる頭部の外傷を、すべてまとめて頭部外傷といいます。

 

損傷した部分が頭皮だろうと、脳神経だろうと、頭蓋骨だろうと、血管だろうと、すべてを頭部外傷と呼んでいます。

 

損傷した部位や程度により、具体的な疾患名がつけられます。

 

脳損傷による高次脳機能障害

 

高次脳機能障害は以下に挙げるように、脳の損傷部位によって起こり得る症状が異なります。

両側前頭葉眼窩面、両側側頭葉内側面・・・遂行機能障害、注意障害、記憶障害

左前頭葉、左側頭葉、中脳・・・記憶障害、意味記憶の障害、左動眼神経麻痺、固有名詞失名辞、読み書きの障害

 

頭部外傷の一次性損傷・二次性損傷

頭部外傷により生じる損傷は、外力が頭部に伝わったときに生じる一次性損傷と、その後の生体反応により生じる二次性損傷があります。

 

例えば、外傷により頭皮が傷ついたり、頭蓋骨が折れたりしたような場合は一次性損傷です。

 

骨折により出血し、出血のために脳虚血になった場合、血腫が神経を圧迫している場合などは二次性損傷です。

 

開放性損傷と閉鎖性損傷

 

頭部外傷による損傷は、損傷が開放されているか閉鎖されているかによっても分類されます。

 

例えば、頭部を鈍器で殴られて頭皮が切れたり、頭蓋骨が折れて頭皮を突き破っているようなものは開放性損傷です。

 

交通事故などで頭部に衝撃が伝わり、外見上は血も出ていないし、何ともないように見えても、実は頭部内に損傷を負っているという場合は閉鎖性損傷です。

 

メールで相談

電話で無料相談

 

頭蓋底骨折

頭蓋底とは、頭蓋骨と脳の下にあるもので、厚みがバラバラなのでボコボコしています。また、たくさんの孔があります。この孔を神経や血管が通っており、とても複雑なつくりになっています。孔がたくさんあるために、ちょっとした外力でも折れやすいという特徴があります。

 

頭蓋底は頭の内部にあるため、外からの見た目では骨折しているかどうかが分かりません。X線撮影やCTを使っても骨折を確認することは難しいといわれています。

 

そのため、頭蓋底が折れた場合に現れる髄液漏という現象をもって頭蓋底骨折と診断されています。

 

髄液漏とは、頭蓋内にある透明のサラッとした液体で、頭蓋底が折れていると折れているところから鼻や耳を伝わって漏れてきます。鼻血と混じっている場合は血の赤い色が邪魔をして分かりにくいので、血がサラッとしているかどうかや、検査により髄液の成分が検出されたかどうかなどにより判断します。

 

前頭蓋底骨折

前頭蓋底骨折とは、頭蓋底の前方(眉の辺り)の骨折です。次のような症状が現れます。

1.髄液鼻漏

透明のサラッとした液体が鼻を伝わって漏れてきます。

2.皮下出血

皮下出血をしていると、目の周りが黒っぽくなります。

3.気脳症

頭蓋底の折れたところから頭蓋内に空気が入ることがあり、これを気脳症といいます。CTを使って頭蓋内に空気が入っているかどうかを確認することができます。頭蓋内に空気が入りすぎると、脳が圧迫され、危険な状態になります。

4.神経麻痺

脳にある神経が麻痺することがあります。これにより、嗅覚や視覚に障害が現れます。

5.視神経管骨折

視神経管を骨折することがあります。CTを使っても骨折を確認することは難しく、患者さんの症状を見て判断することになります。骨折している場合、瞳孔の直接対光反射が失われます。

 

メールで相談

電話で無料相談

 

中頭蓋底骨折

 

中頭蓋底骨折の場合、次のような症状が現れます。

1.髄液耳漏

透明のサラッとした液体が耳を伝わって漏れてきます。

2.皮下出血

皮下出血をしていると、耳の後ろが黒っぽくなります。

3.神経麻痺

椎体骨が折れると、顔面や耳の神経が麻痺することがあります。

 

眼窩部の骨折

 

眼窩とは、眼のくぼみのことです。このくぼみに眼球が収まっています。

 

顔(特に眼の近く)に物が当たったりすると、眼窩部を骨折してしまうことがあります。眼窩部には眼筋や神経があるため、眼筋の麻痺や眼球運動に障害が生じます。

 

また、副鼻腔に傷が入ることもあり、血混じりの鼻水が出ることもあります。このような場合は鼻をかむと副鼻腔から眼窩へ空気が入るおそれがあるため、鼻をかまないようにしましょう。

 

病院ではCTやMRIを使って骨折の状態を確認し、手術をするかどうか判断します。

 

メールで相談

電話で無料相談

 

頭部外傷 に戻る

無料相談フォーム

ご相談は、下記のフォームにご記入の上、送信してください。交通事故についての無料相談をお待ちしています。

 社会保険労務士・行政書士宮本麻由美

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

おなまえ(必須)

性別   男性   女性 

労災関係   業務中   通勤途中   私用中

年齢(必須) 
10代  20代前半  20代後半  30代前半  30代後半  40代  50代  60代以上

住所(必須)
(郵便番号)

マンション名・部屋番号等

電話番号(任意)
(半角数字)

メールアドレス(必須) 携帯メールでもOKです。
(半角英数字) 
メールアドレスを確認のためもう一度(必須)
(半角英数字)

件名

事故内容等(交通事故年月日を必ず入れて下さい。)

ご希望の回答方法   メール  電話

   

 

▲ページトップに戻る