高次脳機能障害

視覚の障害

眼球に外傷を負ったことなどにより、視神経が傷つき、視覚の機能が低下したり視野が狭まったり、特に重症の場合には視力を失ってしまうことがあります。

傷ついた神経の部位により、障害の現れ方や度合いはまちまちです。

 

メールで相談

電話で無料相談

 

視力障害

視力障害は、視神経が傷つけられたり頭蓋内の腫瘍に圧迫されたり、あるいは眼科的疾患により生じます。

頭蓋骨障害は、外傷の力や頻度に影響され、回転力が重要な要素となります。頭蓋底は視神経の管孔部で弱く、構造上の理由から多くの患者で視神経管部の神経病変は頭蓋底の骨折が影響し転位骨片が直接視神経を圧迫します。

 

メールで相談

電話で無料相談

 

視野の検査

見え方に異常がある場合は、次の方法で検査を行います。

・対座検査

患者さんと検者が向かい合い、互いの目を見ます。このとき、右目を検査したいのであれば左目には目隠しをし、右目で検者の右目を見ます。検者が手や指を検者自身の視野の外側から内側に向かって動かします。この方法で、大まかに患者さんの周辺視野を調べることが出来ます。

・視野測定

視野計を用いて検査します。これにより視野が狭くなっているかどうか、半盲になっているかどうかが分かります。

・眼底検査

眼底鏡を持って検査します。これにより、視神経が異常に萎縮していないかどうかが分かります。

メールで相談

電話で無料相談

 

頭部外傷 に戻る

無料相談フォーム

ご相談は、下記のフォームにご記入の上、送信してください。交通事故についての無料相談をお待ちしています。

 社会保険労務士・行政書士宮本麻由美

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

おなまえ(必須)

性別   男性   女性 

労災関係   業務中   通勤途中   私用中

年齢(必須) 
10代  20代前半  20代後半  30代前半  30代後半  40代  50代  60代以上

住所(必須)
(郵便番号)

マンション名・部屋番号等

電話番号(任意)
(半角数字)

メールアドレス(必須) 携帯メールでもOKです。
(半角英数字) 
メールアドレスを確認のためもう一度(必須)
(半角英数字)

件名

事故内容等(交通事故年月日を必ず入れて下さい。)

ご希望の回答方法   メール  電話

   

 

▲ページトップに戻る