高次脳機能障害

社会生活支援

高次脳機能障害の患者さんが社会生活を送るのは、大変なことです。患者さんへの支援において大切なことは、まず、障害の状況を正確に把握することです。

その上で、本人にできないことを支援するだけにとどまらず、本人にできることを高めていき、障害をもつことで失ってしまった自信を取り戻していきます。

また、職場や学校、地域社会などにおいて、身近な理解者をつくると同時に、本人にとって適応しやすい環境づくりも大切です。

 

無料小冊子

メールで相談

電話で無料相談

地域障害者職業センター

地域障害者職業センター(独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構)は、全国47都道府県に設置されている、障害者を対象とした職業リハビリテーションを提供する施設のことです。

この施設は障害者手帳を持っていない高次脳機能障害の方も利用で

きます。仕事をしたいと考えているものの、まだこの施設を利用したことがないという方はぜひ利用してみましょう。

障害者ひとりひとりの状況を見て、職業評価、職業指導、職業準備訓練、職場適応援助などの職業リハビリテーションを行っていきます。また、事業主に対しても、障害者の雇用に関する相談やサポートを行っています。

 

障害者職業総合センター

障害者職業総合センターは、高齢・障害・求職者雇用支援機構が設置・運営をしている障害者職業センターのひとつです。

このセンターでは、障害者を対象とした専門的な職業リハビリテーションサービスを提供しています。

広域・地域障害者職業センターに対する指導や援助を行っており、実際に利用するときには窓口である地域障害者職業センターで相談しましょう。

 

障害者就業・生活支援センター

障害者就業・生活支援センターは47都道府県に設置されており、障害者の就業だけでなく生活面でのサポートも同時に行っています。

就業に関しての相談にのったり就職活動を支援するほか、住居、年金などの生活設計に関するアドバイスなども行っています。

無料小冊子

メールで相談

電話で無料相談

社会生活支援 に戻る

無料相談フォーム

ご相談は、下記のフォームにご記入の上、送信してください。交通事故についての無料相談をお待ちしています。

 社会保険労務士・行政書士宮本麻由美

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

おなまえ(必須)

性別   男性   女性 

労災関係   業務中   通勤途中   私用中

年齢(必須) 
10代  20代前半  20代後半  30代前半  30代後半  40代  50代  60代以上

住所(必須)
(郵便番号)

マンション名・部屋番号等

電話番号(任意)
(半角数字)

メールアドレス(必須) 携帯メールでもOKです。
(半角英数字) 
メールアドレスを確認のためもう一度(必須)
(半角英数字)

件名

事故内容等(交通事故年月日を必ず入れて下さい。)

ご希望の回答方法   メール  電話

   

 

▲ページトップに戻る