高次脳機能障害

慢性期(病院で行うリハビリテーション)

歩行訓練や日常動作訓練などを行った回復期の後に訪れる慢性期には、どのようなリハビリテーションが必要でしょうか。


無料小冊子

この時期の患者さんにとっては、社会復帰に向けた環境作りが大変重要です。

身体の運動機能回復だけがリハビリテーションではありません。

高次脳機能障害の改善には個人差もありますが、長い時間がかかる人もいます。

もちろん、機能回復を諦めずに日常生活においてのリハビリテーションを続けていくことが大切ですが、自分の障害の状態や程度と向き合い、それを受け入れながら社会や地域に復帰することも大切です。

患者さんは、自分がこの先どうしたいか、地域や社会でどのように暮らしていきたいかを思い描いていることでしょう。

家事や家業を手伝いたい、職業能力校を受験したい、厚生施設に入りたい、といった目標を持っている患者さんもいるでしょう。

その目標が適切かどうか判断し、総合的に良い方向に導いていくことも、慢性期の重要なリハビリテーションといえるでしょう。


無料小冊子

メールで相談

電話で無料相談

病院のリハビリテーション に戻る

無料相談フォーム

ご相談は、下記のフォームにご記入の上、送信してください。交通事故についての無料相談をお待ちしています。

 社会保険労務士・行政書士宮本麻由美

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

おなまえ(必須)

性別   男性   女性 

労災関係   業務中   通勤途中   私用中

年齢(必須) 
10代  20代前半  20代後半  30代前半  30代後半  40代  50代  60代以上

住所(必須)
(郵便番号)

マンション名・部屋番号等

電話番号(任意)
(半角数字)

メールアドレス(必須) 携帯メールでもOKです。
(半角英数字) 
メールアドレスを確認のためもう一度(必須)
(半角英数字)

件名

事故内容等(交通事故年月日を必ず入れて下さい。)

ご希望の回答方法   メール  電話

   

 

▲ページトップに戻る