高次脳機能障害

話しことばの理解に障害のある人に接するには

話しことばの理解に障害がある人に接するには、何よりもまずゆっくり話すことが大切です。

無料小冊子

大きな声で話す必要はありませんので、短い文や単語だけで簡潔に話しましょう。

また、物を指で示したり、身振り手振りを交える、一度でなく二度同じことを話す等の方法もよいでしょう。

話し言葉の理解の障害が重度であり、コミュニケーションが難しいという場合でも、話しかけることを諦めずに声をかけてあげましょう。

話している内容が理解できなくても、人から話しかけられると嬉しいものなのです。

また、今はコミュニケーションが難しくとも、ことばをかけ続けることが刺激となって、失語症の回復によい影響を与えると考えられています。

高次脳機能障害Q&Aに戻る


無料小冊子

メールで相談

電話で無料相談

無料相談フォーム

ご相談は、下記のフォームにご記入の上、送信してください。交通事故についての無料相談をお待ちしています。

 社会保険労務士・行政書士宮本麻由美

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

おなまえ(必須)

性別   男性   女性 

労災関係   業務中   通勤途中   私用中

年齢(必須) 
10代  20代前半  20代後半  30代前半  30代後半  40代  50代  60代以上

住所(必須)
(郵便番号)

マンション名・部屋番号等

電話番号(任意)
(半角数字)

メールアドレス(必須) 携帯メールでもOKです。
(半角英数字) 
メールアドレスを確認のためもう一度(必須)
(半角英数字)

件名

事故内容等(交通事故年月日を必ず入れて下さい。)

ご希望の回答方法   メール  電話

   

 

▲ページトップに戻る