高次脳機能障害

読みの障害のある人

失語症のタイプによって違いがありますが、一般的には、話しことばの理解よりも読みの理解のほうに障害の程度が重く出ることが多いようです。

無料小冊子

そのため、患者さんに話しかける代わりに筆談で物事を伝えようとしても、うまくいかないことが多いのです。

しかし、文字を読むことは失語症の回復に役立つと考えられています。

ご家族の方や周囲の方は、伝わらなくても諦めずに、話しかけたり筆談を試みてあげてください。

高次脳機能障害Q&Aに戻る


無料小冊子

メールで相談

電話で無料相談

無料相談フォーム

ご相談は、下記のフォームにご記入の上、送信してください。交通事故についての無料相談をお待ちしています。

 社会保険労務士・行政書士宮本麻由美

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

おなまえ(必須)

性別   男性   女性 

労災関係   業務中   通勤途中   私用中

年齢(必須) 
10代  20代前半  20代後半  30代前半  30代後半  40代  50代  60代以上

住所(必須)
(郵便番号)

マンション名・部屋番号等

電話番号(任意)
(半角数字)

メールアドレス(必須) 携帯メールでもOKです。
(半角英数字) 
メールアドレスを確認のためもう一度(必須)
(半角英数字)

件名

事故内容等(交通事故年月日を必ず入れて下さい。)

ご希望の回答方法   メール  電話

   

 

▲ページトップに戻る