高次脳機能障害

自然回復はどうして起きるのか

自然回復がどうして起きるのかはまだよくわかっていません。


無料小冊子

脳梗塞では梗塞部位の周囲に浮腫が生じます。

その浮腫は時間とともに少なくなってきます。ですから、この浮腫のために脳の働きが低下していたとすると、浮腫が小さくなるとともに機能は回復します。

また、脳梗塞が生じた部位の神経細胞は死んでしまっていますが、中心部分の周辺では、周囲の動脈から多少の血流が供給されています。

そのため、中心部では血液が巡らない状態になっても、それを取り囲む周辺部には血流が巡っているため、機能が低下していても、細胞は死んでいません。

ですから、その部分の血流が増えていけば、機能は回復します。

そのほかには、機能の肩代わりが発生することが考えられています。

脳梗塞を起こしてしまった大脳の半球とは反対側の半球、あるいは同じ側の半球でも損傷をまぬがれた部分が、代わりにそれまでの機能を行うようになることがあります。

高次脳機能障害Q&Aに戻る


無料小冊子

メールで相談

電話で無料相談

無料相談フォーム

ご相談は、下記のフォームにご記入の上、送信してください。交通事故についての無料相談をお待ちしています。

 社会保険労務士・行政書士宮本麻由美

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

おなまえ(必須)

性別   男性   女性 

労災関係   業務中   通勤途中   私用中

年齢(必須) 
10代  20代前半  20代後半  30代前半  30代後半  40代  50代  60代以上

住所(必須)
(郵便番号)

マンション名・部屋番号等

電話番号(任意)
(半角数字)

メールアドレス(必須) 携帯メールでもOKです。
(半角英数字) 
メールアドレスを確認のためもう一度(必須)
(半角英数字)

件名

事故内容等(交通事故年月日を必ず入れて下さい。)

ご希望の回答方法   メール  電話

   

 

▲ページトップに戻る