高次脳機能障害

運動無視とは

運動無視とは、運動麻痺がないのに、片側の手足を使用することが少ない状態です。


無料小冊子

ボタンをはめたりハンカチを広げるなど、通常であれば両手を使って行なう動作を行わせると、片方の手をまったく使わないか、あまり使わなかったりします。

運動麻痺はないため、動かそうと思えば動かすことができるのに、使いません。使わない方の手を使う場合には、指示をして意識を持っていく必要があります。

運動無視の症状がある場合、使わないほうの手を使うように、常に意識をして声をかけ、出来る限り使うという訓練が必要です。

ご家族の方や周囲の人は、「ほら、左手でやってごらん。」などと、声掛けをしてあげましょう。


電話で無料相談

高次脳機能障害Q&Aに戻る


無料小冊子

メールで相談

 

無料相談フォーム

ご相談は、下記のフォームにご記入の上、送信してください。交通事故についての無料相談をお待ちしています。

 社会保険労務士・行政書士宮本麻由美

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

おなまえ(必須)

性別   男性   女性 

労災関係   業務中   通勤途中   私用中

年齢(必須) 
10代  20代前半  20代後半  30代前半  30代後半  40代  50代  60代以上

住所(必須)
(郵便番号)

マンション名・部屋番号等

電話番号(任意)
(半角数字)

メールアドレス(必須) 携帯メールでもOKです。
(半角英数字) 
メールアドレスを確認のためもう一度(必須)
(半角英数字)

件名

事故内容等(交通事故年月日を必ず入れて下さい。)

ご希望の回答方法   メール  電話

   

 

▲ページトップに戻る