高次脳機能障害

記憶の検査

記憶の検査には主にことばを使って調べる言語性記憶の検査と、ことばを使わず絵などの目からの情報を使う視覚性記憶の検査があります。


無料小冊子

言語性の記憶検査のなかには、二つの関連する単語(たとえば空―星)をあらかじめいくつか読み上げる方法があります。

そうして、言い終わったあとで、では「空」に対応する単語は何でしょうと聞くのです。

記憶に問題がある場合は、単語の組み合わせを何度聞いてもなかなか覚えられません。

偶然できたとしても、またすぐに忘れてしまいます。

視覚性記憶の検査は、簡単な図形を見せて覚えさせます。そしてそのあとで思い出して描いてもらう方法などがあります。


電話で無料相談

高次脳機能障害Q&Aに戻る


無料小冊子

メールで相談

 

無料相談フォーム

ご相談は、下記のフォームにご記入の上、送信してください。交通事故についての無料相談をお待ちしています。

 社会保険労務士・行政書士宮本麻由美

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

おなまえ(必須)

性別   男性   女性 

労災関係   業務中   通勤途中   私用中

年齢(必須) 
10代  20代前半  20代後半  30代前半  30代後半  40代  50代  60代以上

住所(必須)
(郵便番号)

マンション名・部屋番号等

電話番号(任意)
(半角数字)

メールアドレス(必須) 携帯メールでもOKです。
(半角英数字) 
メールアドレスを確認のためもう一度(必須)
(半角英数字)

件名

事故内容等(交通事故年月日を必ず入れて下さい。)

ご希望の回答方法   メール  電話

   

 

▲ページトップに戻る