高次脳機能障害

記憶を補助する方法

健常な人の中でも、忘れっぽいからと毎日のスケジュールをコンピュータやメモに書いて管理している人もいるでしょう。

無料小冊子

このように、脳の外に記憶を蓄える方法を、外的補助手段といいます。記憶障害のある人が外的補助手段を上手に使えば、社会復帰への大きな後押しとなります。

ただ注意しなくてはならないのは、記憶障害のある人の場合、手帳やメモを見ること自体を忘れてしまいますので、例えばある一定の時間にアラームが鳴るように設定しておき、アラームが鳴ったら手帳を見る、という習慣をつける必要があります。

したがって、アラームが鳴ってもなぜ鳴っているのかを忘れてしまう、鳴ったら手帳を見なくてはいけないということを忘れてしまうほど重度の記憶障害の人には、この補助具はあまり効果がないようです。

電話で無料相談

高次脳機能障害Q&Aに戻る


無料小冊子

メールで相談

 

無料相談フォーム

ご相談は、下記のフォームにご記入の上、送信してください。交通事故についての無料相談をお待ちしています。

 社会保険労務士・行政書士宮本麻由美

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

おなまえ(必須)

性別   男性   女性 

労災関係   業務中   通勤途中   私用中

年齢(必須) 
10代  20代前半  20代後半  30代前半  30代後半  40代  50代  60代以上

住所(必須)
(郵便番号)

マンション名・部屋番号等

電話番号(任意)
(半角数字)

メールアドレス(必須) 携帯メールでもOKです。
(半角英数字) 
メールアドレスを確認のためもう一度(必須)
(半角英数字)

件名

事故内容等(交通事故年月日を必ず入れて下さい。)

ご希望の回答方法   メール  電話

   

 

▲ページトップに戻る