高次脳機能障害

記憶障害のリハビリテーション

記憶障害の患者さんにとっては、日々の実践に役立つ知識を身につけることができるようにすることが重要です。


無料小冊子

たとえば入院中であれば、日付やスタッフの氏名、病室などの病棟内の配置、リハビリ室への道順などを覚えることがポイントになります。

そのためにもまず、記憶障害の患者さんの身の回りの環境を整えることが大切です。

情報を覚えやすくするため、必要最低限の情報を簡潔にします。

引き出しにラベルを貼ったり、リハビリ室への道順の廊下に矢印を貼ったりという工夫をすることで、患者さんが情報を覚えやすくなり、またストレスも軽減します。


電話で無料相談

高次脳機能障害Q&Aに戻る


無料小冊子

メールで相談

 

無料相談フォーム

ご相談は、下記のフォームにご記入の上、送信してください。交通事故についての無料相談をお待ちしています。

 社会保険労務士・行政書士宮本麻由美

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

おなまえ(必須)

性別   男性   女性 

労災関係   業務中   通勤途中   私用中

年齢(必須) 
10代  20代前半  20代後半  30代前半  30代後半  40代  50代  60代以上

住所(必須)
(郵便番号)

マンション名・部屋番号等

電話番号(任意)
(半角数字)

メールアドレス(必須) 携帯メールでもOKです。
(半角英数字) 
メールアドレスを確認のためもう一度(必須)
(半角英数字)

件名

事故内容等(交通事故年月日を必ず入れて下さい。)

ご希望の回答方法   メール  電話

   

 

▲ページトップに戻る