交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

歩行者と自動車との過失割合

交通事故の場合、お互いに過失のある場合が少なくありません。その時には、過失割合に応じて賠償額が相殺されます。その時に問題になるのが、「過失割合」の認定です。

歩行者と自動車との過失割合を図面もまじえて、説明をしてみます。

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

1.横断歩道上の横断

横断歩道上の横断・直進者と歩行者(歩行者用信号変更なし)

横断歩道上の横断・直進車と歩行者(歩行者用信号変更あり)

横断歩道上の横断・直進車と歩行者(歩行者用信号変更あり・安全地帯あり)

横断歩道上の横断・右左折車と歩行者(歩行者用信号変更なし)

横断歩道上の横断・右左折車と歩行者(歩行者用信号変更あり)

信号機のない横断歩道上

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

2.横断歩道外横断

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

3.対向ないし同方向進行者

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

4.横断歩道のない道路

5.後退自動車との事故


賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

過失割合についてに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP