交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

オートバイ対自動車の過失割合

交通事故の場合、お互いに過失のある場合が少なくありません。その時には、過失割合に応じて賠償額が相殺されます。その時に問題になるのが、「過失割合」の認定です。

オートバイ対自動車の過失割合を解説してみます。

1.交差点での直進車同士

2.交差点での右折車と直進車(同一道路、対向方向)

3.交差点での右折車と直進車(交差道路進)

4.交差点での左折車と直進車との事故

5.渋滞中の車両間の事故

6.路外出入車と直進車の事故

7.対向車同士の事故

8.同一方向に進行する車両同士の事故

9.追突事故(被追突者に法24条違反ある時)

10.転回車と直進車の事故

11.ドア開放事故

12.駐停車車両に対する単車の追突


賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

過失割合についてに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP