交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

交通事故相談雑記帳・後遺障害の12級7号

交通事故の後遺障害の12級7号の場合は、労働能力喪失期間が裁判例等を見ても、結構ばらついていますね。被害者の方の症状などによって裁判官の心証もかなり違ってきます。

おおよそ10年から長いと就労可能年数の67歳までとなっています。

12級7号は、下肢の三大関節の一つの可動域制限が4分の3ということなので、股関節、膝関節、足関節と3種類あります。

それぞれによっても微妙に労働能力喪失期間も違うように思いますね。

骨折した部位の骨癒合によっても違うように思います。

何と言っても、下肢は全体重を支えますので、一生障害がついて回りますね。何としてもしっかり賠償額を取っていきたいですね。

後遺障害慰謝料は、250~300万円かと思います。

 

ブログ表紙に戻る

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

過失割合についてに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP