交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

交通事故相談雑記帳・後遺症があるのに等級を取らずに交渉

後遺症があるのに等級を取らずに示談交渉を進める方がいますね。
今まで交通事故の治療で散々苦しんできたのに、保険会社の担当者が後遺障害の申請のことを一言も言わないためにそのまま交渉に入る方がいます。

一度、示談をしてしまうと、それ以後は後遺障害の申請ができませんので、気をつけて下さい。

どうすればいいかと言いますと、担当者に「後遺障害診断書」を送ってもらい、主治医の先生に書いてもらいます。

その後、コピーを取ってから、原本を保険会社に郵送します。おおよそ40日ぐらいで結果がでることになっています。

その結果の等級に不満がある場合は、異議申立をすることができます。しっかり異議申立をしてから、交通事故の示談交渉に入って下さい。

もし分からないことがあれば、後遺障害診断書のコピーや等級決定通知表を当事務所に郵送していただければ、適切なアドバイスをいたします。

 

ブログ表紙に戻る

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

過失割合についてに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP