交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

交通事故相談雑記帳・後遺障害逸失利益の基礎収入

後遺障害逸失利益を計算する時に基礎収入を使うのですが、よく休業損害の日額を365倍した例に出くわします。これはこれでいいのですが、賞与の額が反映されていないのです。

交通事故前年の源泉徴収票で良く確認をしたいものですね。

それ以外に使われる例は、交通事故時の直前の収入を基に計算する場合ですね。これも賞与の額が含まれているか確認をして下さい。

また賃金センサスを使う例もありますね。賃金センサスの額を今後貰える蓋然性があれば、賃金センサスを使って計算をしていきましょう。

お若い方であれば、労働能力喪失期間が長ければ、全年齢の賃金センサスを使うべきですね。自分の年齢の賃金センサスでは、賠償額が少なくなってしまいます。

 

ブログ表紙に戻る

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

過失割合についてに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP