交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

交通事故相談雑記帳・後遺障害逸失利益の基礎収入

後遺障害逸失利益を計算する時に基礎収入を使うのですが、よく休業損害の日額を365倍した例に出くわします。これはこれでいいのですが、賞与の額が反映されていないのです。

交通事故前年の源泉徴収票で良く確認をしたいものですね。

それ以外に使われる例は、交通事故時の直前の収入を基に計算する場合ですね。これも賞与の額が含まれているか確認をして下さい。

また賃金センサスを使う例もありますね。賃金センサスの額を今後貰える蓋然性があれば、賃金センサスを使って計算をしていきましょう。

お若い方であれば、労働能力喪失期間が長ければ、全年齢の賃金センサスを使うべきですね。自分の年齢の賃金センサスでは、賠償額が少なくなってしまいます。

  • 通勤災害につきましては、一度はお気軽に当事務所までお問い合わせください。

    メール相談

     

    無料相談

    下記の相談フォームからご相談をお待ちしています。

    行政書士・社会保険労務士 松井 宝史 宮本麻由美

    おなまえ(必須)

    性別   男性   女性 

    労災関係   業務中   通勤途中   私用中

    年齢(必須) 
    10代  20代前半  20代後半  30代前半  30代後半  40代  50代  60代以上

    住所(必須)
    (郵便番号)

    電話番号(必須)
    (半角数字)

    メールアドレス(必須) 携帯メールでもOKです。
    (半角英数字) 
    メールアドレスを確認のためもう一度(必須)
    (半角英数字)

    件名

    事故内容等(交通事故年月日を必ず入れて下さい。)

    ご希望の回答方法   メール  電話

       

 

ブログ表紙に戻る

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

愛知労務・葵行政書士事務所

↑ PAGE TOP