交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

交通事故相談雑記帳・VEP(視覚誘発電位)電気生理学的検査

視神経疾患、網膜疾患などの何らかの原因で視神経に異常のある症例、また心因性視力障害や詐病などの疑われる症例、中間透光体の混濁があり、手術後の予後などに関して検査します。

視覚刺激に対する脳波の反応は非常に小さなものなので、1回の刺激のみで他の反応から特定するのは困難ですので、何回か加算平均することにより求める反応を得ることができます。

主な刺激としてパターン刺激とフラッシュ刺激で、パターン刺激の中に反転刺激とオンセット・オフセット刺激があります。
パターン刺激の原則としては、全体の輝度の変化がないのが前提です。

 

ブログ表紙に戻る

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

過失割合についてに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP