交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

交通事故相談雑記帳・アコモドポリレコーダー

遠方と近方に置かれた視標にピントが合うまでの時間の長さから調整障害を診断する装置です。

内臓された視標はレンズによって光学的に遠方と近方に設置され、電動式に遠方視標と近方視標が交互に点灯するようになっています。視標にピントが合うまでの時間を調整時間として反復測定します。

調整時間は、遠視評から近視標を凝視したときに調整より焦点が合うまでの時間を調整緊張時間と呼び、近視標から遠視評を凝視したときに調整を弱めることにより焦点が合うまでの時間を調整弛緩時間と呼びます。

眼精疲労の検査やVDT検診などに使用します。

 

ブログ表紙に戻る

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

過失割合についてに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP