交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

交通事故相談雑記帳・フリッカー視野計

われわれは、光がオン・オフを繰り返す不連続光を見ると「ちらつき」として感じます。このちらつきの頻度を徐々に速くしますと、ついには融合してもはやちらつきは感じられなくなります。

このときの頻度を略してCFFまたはフリッカー値と呼びます。このCFFを測定することにより視覚の時間的分解能を簡便に評価することができます。

視神経疾患など第3ニューロンの障害では、視力より先に異常が検出され、また視力より回復が遅れるなど異常検出における感度が高いです。

 

ブログ表紙に戻る

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

過失割合についてに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP