交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

交通事故相談雑記帳・眼の障害

眼球の障害については、視力によって等級が決まってきます。この場合の視力は、矯正視力となりますので、ご注意下さい。現在は、コンタクトレンズによる矯正も認められています。

前眼部と中間透光体の異常は、スリットランプで検査し、眼底部は直像鏡で検査し、視力検査はオートレフで検査をします。これらで明らかな異常所見が無い場合は、ERGで検査をしていきます。

 

視神経損傷が疑われる場合はVERで検査します。調整機能については、アコモドポリレコーダーで検査します。視野に関しては、ゴールドマン視野計、フリッカー視野計で検査します。

 

ブログ表紙に戻る

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

過失割合についてに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP