交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

交通事故相談雑記帳・直像鏡

左手に持った大きな凸レンズを患者さんの目の前にかざし、LED光源を眼に当てて調べます。主に網膜や視神経など眼底の検査に使います。

拡大率が高く解像力にも優れており、詳細な眼底観察が可能です。しかし、単眼であるため立体観察はできず、視野が狭く、赤道部近くまでしかできません。

ブログ表紙に戻る

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

過失割合についてに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP