交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

交通事故相談雑記帳・高次脳機能障害について

高次脳機能障害の案件がきました。
今回は9級となっていますが、様子を聞くとどうも7級に該当するような感じです。
この等級をどうやって覆していくかが今回の与えられた仕事です。

日常生活状況報告書をもう一度書いてもらい、主治医の先生に脳外傷の具体的な所見の書類を書いてもらって異議申立をしていくあらすじを作りました。
果たして成功するでしょうか。自賠責保険の調査事務所との知恵比べです。

そのためには、僕自身が高次脳機能障害について隅から隅まで知り尽くしていないといけないですね。

というわけで大枚を叩いて高次脳機能障害の本をたくさん買いました。

  • 通勤災害につきましては、一度はお気軽に当事務所までお問い合わせください。

    メール相談

     

    無料相談

    下記の相談フォームからご相談をお待ちしています。

    行政書士・社会保険労務士 松井 宝史 宮本麻由美

    おなまえ(必須)

    性別   男性   女性 

    労災関係   業務中   通勤途中   私用中

    年齢(必須) 
    10代  20代前半  20代後半  30代前半  30代後半  40代  50代  60代以上

    住所(必須)
    (郵便番号)

    電話番号(必須)
    (半角数字)

    メールアドレス(必須) 携帯メールでもOKです。
    (半角英数字) 
    メールアドレスを確認のためもう一度(必須)
    (半角英数字)

    件名

    事故内容等(交通事故年月日を必ず入れて下さい。)

    ご希望の回答方法   メール  電話

       

 

ブログ表紙に戻る

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

過失割合についてに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP