交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

交通事故相談雑記帳・高次脳機能障害の検査

ミニメンタルステート検査(MMSE)や長谷川式簡易知能検査(HDS-R)の結果だけでは、高次脳機能障害の診断は不可能です。

ウェクスラー知能検査(WAIS-R)や日本版リパーミード行動記憶検査(RBMT)、ウェクスラー記憶検査などを行う必要があります。

遂行機能障害については、ウィスコンシンカードソーティング検査が有名です。

頭部外傷が原因の場合は、記憶障害、行動と情緒障害、注意障害、遂行機能障害が主要症状となります。

 

  • 通勤災害につきましては、一度はお気軽に当事務所までお問い合わせください。

    メール相談

     

    無料相談

    下記の相談フォームからご相談をお待ちしています。

    行政書士・社会保険労務士 松井 宝史 宮本麻由美

    おなまえ(必須)

    性別   男性   女性 

    労災関係   業務中   通勤途中   私用中

    年齢(必須) 
    10代  20代前半  20代後半  30代前半  30代後半  40代  50代  60代以上

    住所(必須)
    (郵便番号)

    電話番号(必須)
    (半角数字)

    メールアドレス(必須) 携帯メールでもOKです。
    (半角英数字) 
    メールアドレスを確認のためもう一度(必須)
    (半角英数字)

    件名

    事故内容等(交通事故年月日を必ず入れて下さい。)

    ご希望の回答方法   メール  電話

       

 

ブログ表紙に戻る

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ

愛知労務・葵行政書士事務所

↑ PAGE TOP