交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

自動車と自動車の過失割合・駐停車車両に対する追突事故(直進自動車A、駐車自動車B)

駐停車車両に対する追突事故(直進自動車A、駐車自動車B)

 

駐停車車両に対する追突事故(直進自動車A、駐車自動車B


A自動車 100:0 B自動車

修正要素としては、視認不良、駐車禁止場所、B自動車の非常点滅灯の不灯火等、B自動車の駐車方法不適切、B自動車の著しい過失、B自動車の重過失、B自動車の退避不能、A自動車の15キロメートル以上の速度違反、A自動車の30キロメートル以上の速度違反、A自動車の著しい過失、A自動車の重過失などです。

 

  • 別冊判例タイムズ16(民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準 全訂四版 東京地裁民事交通訴訟研究会編):引用

    自動車と自動車の過失割合に戻る

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

連絡先:0533-83-6612

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

 

宮本麻由美社労士

過失割合についてに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP