交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

過失割合について

交通事故の場合、お互いに過失のある場合が少なくありません。その時には、過失割合に応じて賠償額が相殺されます。その時に問題になるのが、「過失割合」の認定です。

1.歩行者の事故

2.自動車同士の事故

3.バイクと自動車との事故

4.自転車と自動車の事故

5.過失割合の修正要素

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP