交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

信号機のない横断歩道の事故

信号機のない横断歩道にあっては、車は横断歩行者がいないことが明らかな場合を除き、横断歩道の直前で停止することが出来るような速度で進行しなければなりません。

また、歩行者が横断していたり、又は横断しようとしている場合、横断歩道の直前で一時停止し、かつ、その通行をさまたげないようにしなければならない、と道路交通法では決められています。

よって横断歩道を通過する車には、重い注意義務が課されており、原則として歩行者の過失は無いといえます。

しかし、歩行者のほうで横断する前にわずかに左右の安全を確認すれば走行してくる車に気付いて事故の発生を容易にさけられるような直前横断、渋滞車両間の横断、夜間暗い場所における横断、幹線道路又は交通頻繁な道路の横断などの場合には、若干の過失相殺がなされるケースもあります。

ただし、車が減速しないで走行してきたときには、車にも著しい過失があるとして処理することとなります。

 

過失割合について・歩行者の事故 に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP