交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

信号機のある交差点の直進車同士の事故

道路交通法では、信号機により交通整理を行われている交差点とは信号機の信号によって、交互に一方の交通を止め、他方を通す方式による交通規制が行われている場合をいいます。

よって、黄色や赤色の灯火の点滅信号が表示されている交差点は、交通整理の行われていない交差点となります。

歩行者専用の押しボタン式信号機が設置され、一方道路の信号が常時青色灯火を示し、歩行者が押しボタンを操作したときだけ赤色灯火を表示する場合も、信号機により交通整理の行われていない交差点となります。

基準表の信号は、交差点進入直前のものをいい、交差点進入後に信号が変わった場合は、必要に応じ修正要素として数値を変えることとなります。

また、全赤信号が一般的となりましたので、大型交差点においても青信号で進入した車両が交差点を通過するまでに交差道路の信号機が青色となることは通常生じ得ないこととなっていますので、赤信号車と青信号残り車との事故については、基準を設けていません。


過失割合について・自動車同士の事故 に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP