交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

交差点のその他の事故

右折車と直進車との事故は、当該交差点が見通しのきかない交差点であることを前提としていますが、このような交差点では、左折車だけでなく、直進車にも徐行義務が課せられています。

そこで、左折車については徐行、直進車についてはある程度の減速をしていることを前提として基本割合を定め、徐行又は減速していない場合には各々修正要素としました。

右折車同士の事故は、双方の車両に道路交通法による徐行義務が課せられており、また、実際の運転においても両車ともにある程度の減速をしているのが通常と考えられます。

そこで、双方の車両について徐行ないし右折としての通常の減速をしていることを前提として基本割合を定め、徐行ないし減速していない場合を右折方法違反として各々修正要素としました。


過失割合について・自動車同士の事故 に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP