交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

駐停車車両に対する追突事故

駐停車車両に対する追突事故は、道路に駐停車している四輪車に後方から走行してきた四輪車が追突した事故を想定しています。

したがって道路に駐停車している四輪車に後方から走行してきたバイクが追突した場合は、別のページをみてください。

上記の追突事故は、駐停車車両が非常点滅灯等を灯火したり、三角反射板等を設置するなどして駐停車車両の存在を警告する措置を採っていることを前提としています。

道路上に違法に駐停車した者の責任が問題となる場合は、駐停車車両と追突車両の双方の過失割合は、事故現場の状況、駐停車車両側の事情、駐車によってもたらされる交通の危険の増加の程度、追突車両の義務違反の程度、追突の回避可能性の大きさ等事故を取り巻く諸般の個別的事情を総合的に検討して認定されます。

通勤災害につきましては、一度はお気軽に当事務所までお問い合わせください。

メール相談

 

無料相談

下記の相談フォームからご相談をお待ちしています。

行政書士・社会保険労務士 松井 宝史 宮本麻由美

おなまえ(必須)

性別   男性   女性 

労災関係   業務中   通勤途中   私用中

年齢(必須) 
10代  20代前半  20代後半  30代前半  30代後半  40代  50代  60代以上

住所(必須)
(郵便番号)

電話番号(必須)
(半角数字)

メールアドレス(必須) 携帯メールでもOKです。
(半角英数字) 
メールアドレスを確認のためもう一度(必須)
(半角英数字)

件名

事故内容等(交通事故年月日を必ず入れて下さい。)

ご希望の回答方法   メール  電話

   


過失割合について・自動車同士の事故 に戻る

↑ PAGE TOP