交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

集団横断・通行

集団横断・通行は、歩行者が集団で道路を横断・通行することをいいます。具体例としては、小学校の集団登下校です。

車両の運転者から容易に発見できることを考慮して、歩後者の過失相殺率を減算修正することになります。

集団とは、数人が外形的に見て同様の行動を採っていれば足りますので、全員が互いに意思を通じ合わせている必要はなく、車両の運転者から見て発見しやすいかどうかということになります。


過失割合について・自転車と自動車の事故との事故 に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP