交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

車の著しい過失

車の著しい過失とは、事故の態様ごとに通常想定されている程度を超えるような過失のことをいいます。

具体例としては、脇見運転等前方不注視の著しい場合、ハンドル・ブレーキ操作不適切、携帯電話などの通話をしたり画像を注視しながら運転すること、おおむね時速15キロ以上30キロ未満の速度違反(高速道路は除きます)、酒気帯び運転などです。

バイクの著しい過失としては、ヘルメットをかぶっていないことなどです。

自転車の著しい過失としては、二人乗り、無灯火、傘を差すなど片手運転です。

通勤災害につきましては、一度はお気軽に当事務所までお問い合わせください。

メール相談

 

無料相談

下記の相談フォームからご相談をお待ちしています。

行政書士・社会保険労務士 松井 宝史 宮本麻由美

おなまえ(必須)

性別   男性   女性 

労災関係   業務中   通勤途中   私用中

年齢(必須) 
10代  20代前半  20代後半  30代前半  30代後半  40代  50代  60代以上

住所(必須)
(郵便番号)

電話番号(必須)
(半角数字)

メールアドレス(必須) 携帯メールでもOKです。
(半角英数字) 
メールアドレスを確認のためもう一度(必須)
(半角英数字)

件名

事故内容等(交通事故年月日を必ず入れて下さい。)

ご希望の回答方法   メール  電話

   


過失割合について・自転車と自動車の事故との事故 に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP