交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

上腕骨通顆骨折(じょうわんこつつうかこっせつ)

上上腕骨通顆骨折は、どのような状態で受傷したかにより、伸展型と屈曲型に分類されます。

上腕骨通顆骨折は、遠位骨片が小粒なため回旋変形の整復が難しいといえます。

また、遠位骨片のほとんどが関節包の内側にあります。そのため、気をつけないと、整復をしている最中に腕橈・腕尺関節を脱臼してしまうことがあります。

また骨折部位が厚くなく接触面積が小さいため、完全に整復をしても安定度に欠けるという難点があります。

肘の可動域制限が残った場合は、後遺障害の申請を忘れないようにして下さい。詳しことは、当事務所までお気軽にお問い合わせください。

上肢の骨折に戻る

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

 

宮本麻由美社労士

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP