交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

上腕骨内顆骨折(じょうわんこつないかこっせつ)

上腕骨内顆骨折は、肘関節の内側のくるぶしの半分が欠けたような骨折です。

交通事故などで転倒した際、肘をまっすぐに伸ばした状態で地面に手をついてしまうと、衝撃が肘関節まで伝わり、折れてしまうことがあります。

折れた骨片のズレが小さければギプスを使って保存療法を行います。ギプス固定中にズレが進行することもよくみられます。

保存療法中にズレが大きくなってしまった場合や、もともとズレが大きい場合は、手術を行います。

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

放置しておくと、てのひらを下に向けたり手の指を曲げる筋肉が付着してしまい、動かしにくくなってしまうこともあるので注意が必要です。

無料メール相談はこちらからどうぞ 

通勤災害につきましては、一度はお気軽に当事務所までお問い合わせください。

メール相談

 

無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

連絡先:0533-83-6612

宮本麻由美社労士

上肢の骨折に戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

↑ PAGE TOP