交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

脊椎分離すべり症(せきついぶんりすべりしょう)

脊椎の椎間関節の基部の骨にヒビが入り、分離してしまった状態を、脊椎分離症といいます。

先天性のものと後天性のものがあります。後天性のものでは、スポーツなどによる疲労骨折も原因のひとつになります。また、体質的なものもあります。

分離症だけでは自覚症状が出ない場合が多く、長時間の立ち仕事や、腰を反らせたりした時に腰痛を訴える場合があります。

脊椎分離症の中でも、更に、椎骨や椎体が前方または後方にずれてしまっているものを、椎骨分離すべり症といいます。

症状としては、腰や尻、下肢の痛みやシビレがあります。

症状が軽い場合はコルセットで固定して治しますが、重い場合は手術を行います。

上肢の骨折に戻る

通勤災害につきましては、一度はお気軽に当事務所までお問い合わせください。

メール相談

 

無料相談

下記の相談フォームからご相談をお待ちしています。

行政書士・社会保険労務士 松井 宝史 宮本麻由美

おなまえ(必須)

性別   男性   女性 

労災関係   業務中   通勤途中   私用中

年齢(必須) 
10代  20代前半  20代後半  30代前半  30代後半  40代  50代  60代以上

住所(必須)
(郵便番号)

電話番号(必須)
(半角数字)

メールアドレス(必須) 携帯メールでもOKです。
(半角英数字) 
メールアドレスを確認のためもう一度(必須)
(半角英数字)

件名

事故内容等(交通事故年月日を必ず入れて下さい。)

ご希望の回答方法   メール  電話

   

 

宮本麻由美社労士

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP