交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

剥離骨折と圧迫骨折(はくりこっせつとあっぱくこっせつ)

一言で骨折といっても、様々な種類があります。今回は剥離骨折と圧迫骨折について簡単に説明します。

剥離骨折は、骨がポキッと折れるのではなく、剥がれてしまった状態です。筋肉の力で引っ張られたときに剥がれてしまいます。剥がれた骨は腱や靭帯に引っ張られてズレてしまいます。剥がれた骨をギプスで固定することで治します。

剥離骨折は例えば足の場合、痛くても歩けたり立ち上がったりができることもあります。捻挫と勘違いすることもあり、必ず病院で診察を受けることをお勧めします。

圧迫骨折は、骨が圧迫されてつぶされるような形で折れてしまった状態です。特に骨粗鬆症の高齢者が転倒して尻もちをついたり、くしゃみをしたりなどちょっとした衝撃で、腰の骨を圧迫骨折してしまうことが多いようです。

圧迫骨折は、頚椎、胸椎、腰椎で多発します。

足のしびれなどの神経症状がなければ、安静による保存療法が基本です。

圧迫骨折で痛みや可動域制限の後遺症が残った場合は、後遺障害の申請をして下さい。11級7号、8級、6級などに該当してきます。

また、障害年金の申請をすれば、障害厚生年金3級に該当する可能性が高くなっています。

上肢の骨折に戻る

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

 

宮本麻由美社労士

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP