交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

捻転骨折・屈曲骨折・剪断骨折・粉砕骨折・破裂骨折

骨折にも様々な種類があり、「骨の折れ方」によって次のように分別することができます。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

1.捻転骨折
上腕骨や大腿骨などの長管骨などの長管骨に強い捻転力(ねじれて方向が変わる力)が加わったときに生じます。らせん状や斜めに骨が折れた状態です。この場合、螺旋骨折が生じやすいといわれています。

 

2.屈曲骨折
長管骨に折り曲げられるような形で力が加わり、折れ曲がった状態です。

 

3.剪断骨折
長管骨の一部に剪断力(ズレを生じさせる力)が加わったときに生じます。縦に長い棒を垂直にハサミでチョキンと切った状態だと考えてください。骨の長軸に対して垂直方向に力が働いたことによる骨折です。

 

4.粉砕骨折
大きな力が加わり、骨が粉砕された状態です。ガラスを砕いたときのように、大小様々の破片(骨片)に分かれています。

 

5.破裂骨折
骨に圧迫力が超軸方向(上下の方向)に加わり、破裂した状態です。脊柱の骨折や頭蓋骨骨折に多くみられます。

上肢の骨折に戻る

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

 

宮本麻由美社労士

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP