交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

脛骨顆間隆起骨折(けいこつかかんりゅうきこっせつ)

脛骨顆間隆起とは、脛骨を上方から見たときに確認できる、外側顆(がいそくか・膝関節のすぐ下側の外側部)と内側顆(ないそくか)の間にあるザラザラとした隆起部分のことです。

脛骨顆間隆起骨折は、大腿骨と脛骨を結ぶ靭帯(前十字靭帯という)に引っ張られることで顆間隆起がはがれてしまった状態(裂離骨折)です。

裂離骨片が高度に離開して翻転し、軟骨が裂離部に向かう場合は、骨癒合が得られにくいと言われています。

高いところから落ちたり、交通事故や、激しいスポーツによって生じることが多いようです。

発見が遅れたり、発見後放置すると、膝の可動域制限や関節の安定性を失うことがあるので、早期の発見と治療が大切と言われています。

膝関節の安定性を失うとは、動揺関節になるということです。この場合は、後遺障害の等級が認定される可能性がありますので、申請をお忘れなく。

下肢の骨折に戻る

通勤災害につきましては、一度はお気軽に当事務所までお問い合わせください。

メール相談

 

無料相談

下記の相談フォームからご相談をお待ちしています。

行政書士・社会保険労務士 松井 宝史 宮本麻由美

おなまえ(必須)

性別   男性   女性 

労災関係   業務中   通勤途中   私用中

年齢(必須) 
10代  20代前半  20代後半  30代前半  30代後半  40代  50代  60代以上

住所(必須)
(郵便番号)

電話番号(必須)
(半角数字)

メールアドレス(必須) 携帯メールでもOKです。
(半角英数字) 
メールアドレスを確認のためもう一度(必須)
(半角英数字)

件名

事故内容等(交通事故年月日を必ず入れて下さい。)

ご希望の回答方法   メール  電話

   

 

宮本麻由美社労士

下肢の骨折に戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

↑ PAGE TOP