交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

脛骨顆間隆起骨折(けいこつかかんりゅうきこっせつ)

脛骨顆間隆起とは、脛骨を上方から見たときに確認できる、外側顆(がいそくか・膝関節のすぐ下側の外側部)と内側顆(ないそくか)の間にあるザラザラとした隆起部分のことです。

脛骨顆間隆起骨折は、大腿骨と脛骨を結ぶ靭帯(前十字靭帯という)に引っ張られることで顆間隆起がはがれてしまった状態(裂離骨折)です。

裂離骨片が高度に離開して翻転し、軟骨が裂離部に向かう場合は、骨癒合が得られにくいと言われています。

高いところから落ちたり、交通事故や、激しいスポーツによって生じることが多いようです。

発見が遅れたり、発見後放置すると、膝の可動域制限や関節の安定性を失うことがあるので、早期の発見と治療が大切と言われています。

膝関節の安定性を失うとは、動揺関節になるということです。この場合は、後遺障害の等級が認定される可能性がありますので、申請をお忘れなく。

下肢の骨折に戻る

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

 

宮本麻由美社労士

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP