交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

ガレアッチ骨折

尺骨頭の脱臼を伴う橈骨骨幹骨折をガレアッチ骨折といいます。

橈骨骨折の背側凸変形と尺骨頭の背側脱臼を伴う形がもっとも多く発生します。

尺骨頭の脱臼が残った場合、前腕の回旋(腕を右や左にひねる動作)を中心とした可動域に制限が残ってしまうことがあります。その場合は、可動域制限で後遺障害を申請することになります。

ガレアッチ骨折の治療は、保存的療養よりも、手術を行って橈骨をしっかりと固定する必要があります。

尺骨頭の脱臼は従手整復が可能な場合は、整復後橈骨との間で仮固定を行います。 尺骨茎状突起骨折を伴う場合は、手術を行って固定することもあります。

ガレアッチ骨折の症状

前腕には、橈骨と尺骨の2つの骨があります。橈骨の手首に近い部分を骨折したときに、尺骨の脱臼も起こしてしまったものを、ガレアッチ骨折といいます。

激しいスポーツや交通事故で転倒して、地面に強く手を突いたときに生じることが多いです。

橈骨骨折により手の甲側に凸変形をし、また、尺骨頭も手の甲側に脱臼するケースが最も多く発生します。

ガレアッチ骨折の治療では、尺骨の脱臼を整復し、手術をして橈骨をしっかりと固定します。

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

上肢の骨折に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP