交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

ベネット骨折

ベネット骨折とは、第1中手骨に長軸方向の力が作用して起こる脱臼骨折のことをいいます。

中手骨基部尺側の三角骨片を残し、第1中手骨が長母指外転筋の作用により、橈側近位へ脱臼します。

交通事故としてはオートバイや自転車の事故でハンドルを握ったまま転倒し、道路に手をついた場合等に受傷することが多くなっています。

ベネット骨折の治療は、骨折して間もない場合は従手整復は比較的容易ですが、整復位の保持は難しくなります。

従手整復は母指を長軸方向に牽引しながら第1中手骨基部を、尺側に圧迫すれば可能です。そのまま母指外転位をとった状態で、4~6週間ギプス固定を行います。

外固定のみでは再び脱臼することも多いので、手術を行ってキルシュナー鋼線を入れて整復状態を保ちます。

 

ギプス固定で良好な経過をとる症例もありますが、経過中に再度転位を起こす症例も多いです。

このような症例では、X線透視下にキルシュナー鋼線などで固定を行います。可能な限り関節面を適合させることが、将来の良好な機能に結びつきます。

親指の機能障害や痛みが残れば、後遺障害の申請をしていくことになります。

親指の機能障害が場合は、12級となっていきます。また親指の痛みがある場合は、12級13号、14級9号となっていきます。

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

上肢の骨折に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP