交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

ローランド骨折

ローランド骨折は、第1中手骨基部の関節面に達するY型またはT型の骨折です。

関節面を形成している基部の2つの骨片が大きい場合や、転位がある場合は手術となります。

親指の機能障害や痛みが残れば、後遺障害の申請をしていくことになります。

親指の機能障害が場合は、12級となっていきます。

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

上肢の骨折に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP