交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

有鉤骨(ゆうこうこつ)骨折

有鉤骨は、手の骨(手根骨)のひとつで、手首より少し小指寄り(手の甲の中央より少し手首の外側寄り)にあります。有鉤骨には鉤状に飛び出ている部分があります。

交通事故などで転倒して地面に手をついたり、スポーツの練習(特に野球やテニスの素振り)のやりすぎにより、鉤状の部分を骨折してしまうことがあります。

特に、スポーツの練習のやりすぎの場合は、ポキッと折れる骨折ではなく疲労骨折になることが多く、骨折に気付きにくいことが多いようです。

気付かずに放っておくと偽関節になってしまうことがあります。スポーツの練習中や練習後に有鉤骨のあたりの痛みを感じたら、早めに医師に診てもらいましょう。有鉤骨は血流の悪い部位なので早期の治療が大切です。

骨折部分のズレが少なければギプスを使って保存療法を行います。ズレが大きければ、手術を行います。

手首の痛みなどがあれば後遺障害が認定される可能性があります。

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

上肢の骨折に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP