交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

有頭骨骨折(ゆうとうこつこっせつ)

有頭骨とは、左右の手に1個ずつある小さくて短い骨のことです。交通事故やスポーツなどで転倒した際に手首を強く打ち付けたりして、骨折することがあります。

特にバイク事故の場合に多発している骨折です。

有頭骨のみ折れる場合と、付近の骨も同時に折れたり脱臼する場合があります。

有頭骨の骨折では、手首の可動域制限(動かしにくさ)や痛みが残る場合があり、それぞれの程度により、後遺障害が認められる場合もあります。等級としては、14級9号、12級13号になります。

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

上肢の骨折に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP