交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

脛骨遠位部骨折(脛骨天蓋骨折)(けいこつえんいぶこっせつ)

脛骨遠位部は足首の近くの部分のことです。

交通事故や転落事故の他、スポーツなどで足首を捻ったときに、この脛骨遠位部骨折が生じることがあります。

症状は、足首が腫れて痛み、動かすことができなくなります。

折れた骨がズレていなければ保存療法となりますが、ほんの少しでも骨がズレている場合には手術を行います。

早いうちからリハビリを行い、足首の動きが悪くなるのを防ぎます。

後遺症としては、足首の可動域制限が出てきます。その場合は、10級11号、12級7号になる可能性があります。

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

下肢の骨折に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP