交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

腰椎横突起骨折(ようついよことっきこっせつ)

腰椎横突起骨折は、腰椎の横突起部分が急激な筋の収縮によって起こる骨折です。

転位は少ないので、保存的治療を行います。腰に軟らかいコルセットを装着し通院で治療しますが、痛みが非常に強い場合には入院して治療を行います。

受傷から6週くらいで骨癒合しますが、それまでの間は身体をねじったり、重量物をもたないようにしてください。

後遺障害としては、14級9号に認定される可能性があります。

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

上肢の骨折に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP