交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

頸椎骨折(けいついこっせつ)

頸椎骨折とは、主に首の骨折のことです。高所から落ちたり、交通事故などによる強い衝撃で受傷することがあります。

首を骨折すると、多くの場合は頸髄損傷を伴います。というのは折れた骨が頸髄を損傷してしまうためです。

頸髄損傷になってしまうと、手足を動かすことができなくなってしまったり、痛みや熱を感じることができなくなってしまいます。

頸椎を骨折した場合は病院に入院し、牽引法などにより骨を正しい位置に戻し、固定します。

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

上肢の骨折に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP