交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

足関節果部骨折(あしかんせつかぶこっせつ)

足関節(足首)は脛骨、腓骨、距骨により構成されています。腓骨の遠位端(足の裏に近い方の端)を外果、脛骨の遠位端を内果と言います。いずれも交通事故などで転倒した際に折れることがあり、足首が腫れて痛み、動かすことができません。

骨のズレが小さい場合は徒手整復の後、ギプスと添え木を使って固定し、治療が行われます。骨のズレが大きい場合は、手術が行われます。

足首の関節の可動域制限が頻繁に残ります。後遺障害としては、10級11号、12級7号が多く認定されています。

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

下肢の骨折に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP