交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

脛骨顆部骨折(けいこつかぶこっせつ)

脛骨は膝から足首までを走っている、体重を支える役割をもった長くて太い骨です。人体では大腿骨に次いで長くて重いです。脛骨の上端(膝に近い方)の骨折を、脛骨顆部骨折といいます。

バイクなどの交通事故で転んだり、高い所から落ちたりして膝に強い力が加わったときに生じます。症状としては受傷直後から膝が腫れて痛み、動かすことができません。また、脱臼や骨折の影響で膝の形が変わってしまうこともあります。

骨のズレがない場合はギプス固定により治療しますが、ほとんどの場合は手術となります。膝の動きが悪くなるのを防ぐために、早いうちから無理のない範囲でリハビリを始めることが重要です。

膝の可動域制限が残った場合は、10級11号、12級7号に認定されることがあります。

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

下肢の骨折に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP