交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

外側側副靭帯損傷(がいそくそくふくじんたいそんしょう)

外側側副靭帯とは、膝の外側にある靭帯で、太ももの骨とすねの骨を結んでいます。

交通事故などの急な方向転換をすることで、膝の内側から外側へ向かって大きな力が加わったときに、外側側副靭帯を損傷してしまうことがあります。

外側側副靭帯だけを損傷することはあまりなく、後外側支持機構(膝の外側を安定させるための靭帯)やその他の靭帯も同時に損傷することが多いようです。

外側側副靭帯だけを損傷した場合は保存療法を行います。

後外側支持機構なども損傷している場合は、修復術や再建術を行います。

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

下肢の骨折に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP