交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

変形性膝関節症

変形性膝関節症は、加齢により膝のクッションとして働いている軟骨のすり減りや筋力の低下、肥満などにより、膝が痛む病気です。

また、交通事故で膝の骨折をした時に、 変形性膝関節症に移行するときがあります。

膝を曲げたり伸ばしたりしたとき、歩くとき、階段の上り下りなどで痛みが生じ、膝の動きも悪くなります。さらに悪化すると骨同士が直接ぶつかりあい激しい痛みを生じるため、歩くこともままならなくなります。

特に重症の場合には手術が行われることもありますが、基本的には保存療法が行われます。

長時間歩く、正座をする、階段を上り下りするなど、痛みを増強する動作を控えます。肥満の人は膝にかかる負担が大きくなるため、減量にも取り組みます。温熱療法を試してみるのもいいでしょう。

また、安静にしてばかりいると筋力が衰えてしまうため、痛みのない範囲で運動をして、膝を支える筋肉を鍛えることも大切です。ウォーキングなどを無理のないように行うのもいいでしょう。

後遺障害の申請をする前に当事務所までお気軽にお問い合わせください。

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

下肢の骨折に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP